朝日自分史セミナー

サービスの特長

こんな人におすすめです

「自分の文章をプロの目で見てほしい」

プロの文章も必ず編集者の目を通して作品になります。ご自身の文章を第三者に読んでもらうのが上達の近道です。

「独力で書ききる自信がない」

ベテラン編集者が、書き進めるうえでの助言をします。締め切りもあり、意欲的に取り組むことができます。

同じ目的意識をもった仲間ができます。笑顔で語り合い、励まし合いながらの編集作業になります。

「仲間と楽しみながら本づくりをしたい」

人生経験のすべてを書こうとしたらキリがありません。読み手を意識し、いちばん読ませたいところに力を注ぎます。

「大作でなく、コンパクトな自分史を
手軽に本にしたい」

本セミナーで作れる本の一例

  • 自分史の表紙の作例1が描かれています。
  • 自分史の表紙の作例2が描かれています。
  • 自分史の表紙の作例3が描かれています。
  • 自分史の表紙の作例4が描かれています。
  • 自分史の表紙の作例5が描かれています。

講師陣・体制

過去の講師

  • 大原悦子(元朝日新聞学芸部記者、津田塾大特任教授)
  • 清原政忠(元朝日新聞政治部記者)
  • 黒澤 充(元朝日新聞社会部記者)
  • 前田義寛(一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事)
  • 高橋厚人(一般社団法人自分史活用推進協議会理事・「自分史フェスティバル」実行委員長)
  • 河野初江(一般社団法人自分史活用推進協議会理事)

セミナーの様子

講師が丁寧に指導します

朝日新聞の記者経験者、自分史活用推進協議会の自分史アドバイザーが少人数制で文章・構成を指導します。

終始和やかな雰囲気です

少人数制なので、周囲の仲間とすぐに打ち解け、会話も弾みます。

写真選びについても
アドバイスします

膨大な写真をどう配置すれば効果的か。講師と一緒に考えてみましょう。

第1回セミナーは
12人が修了しました

それぞれの思いをつづったハードカバー、約50ページの本が仕上がります。受講者からは「宝物ができた」という喜びの声も。

動画でのご紹介

お客様の声

  • 66歳男性

    団塊の世代です。転勤・転職の連続で10数回も引っ越しをしたことや、定年退職後の人生を描き、タイトルを「家族とともに」にしました。いい顔写真も撮影していただき、今後の人生に向けた旅立ちの記録になりました。

  • 80歳男性

    尻に火がつかないと動けない性格。セミナーでは、講師のみなさんに励ましていただき、自分史を書き、本にすることもできた。本当によかった。

  • 60歳男性

    今年90歳になる父の自分史を書きました。記憶がしっかりしているうちに聞き書きをしたわけですが、父だけでなく、娘たちもたいへん喜んでくれました。今度は私自身の自分史にも挑戦したいと思っています。

  • 90歳女性

    90歳にもなると、さすがに書く力が衰えますが、講師の方の指導を受け、これまで誰にも話せなかったことを書き残すことができました。楽しい時間を過ごすことができ、うれしく思っています。

  • 81歳女性

    たった2カ月間で素敵な本ができあがりました。私ひとりではとてもできない作品。たくさんの写真を上手に配置していただき、宝物になりました。

  • 65歳女性

    亡き夫のことを書きました。書かなくちゃいけないと思いながらもなかなか書けなかった悲しい記憶を、講師のアドバイスで書ききることができました。自分史をつくるうえで年譜が大事であることなど、さまざまなことを教えられました。計4回の講座はとても幸せな時間でした。

スケジュールと概要

朝日新聞社メディアラボと、一般社団法人自分史活用推進協議会は、
自分史を書きたい人を対象にした朝日自分史セミナーを実施します。

①【1日+納本セレモニー:全2日間】朝日自分史特別版セミナー

 わずか1日で『自分史』を作成する講座を新設しました。ご希望の日の朝日新聞1面を載せた4ページのオリジナルマガジン(A4判)を作成します。自分史活用推進協議会が認定した、経験豊富な自分史活用アドバイザーが指導いたします。
「昔から日誌を書き続けているが、自分史となると書けなくなる」、「本づくりには、準備も、費用もかかるので手に負えない」など自分史の作成に様々な不安を抱えていませんか?『あの日の写真』とそのエピソードを綴ることで、カジュアルでコンパクトな自分史を組み立てる体験ワークショップを開催いたします。

・ご自分の退職記念
・家族の大切な記念日
・親の記念日

 など、大切な記念日のプレゼントにいかがでしょうか?

ワークショップの参加者同士で励まし合いながら楽しく作りましょう!(セミナー終了後、メールを利用して原稿確認作業などを行い、「朝日自分史特別版」を完成させます)

開催日 3月12日(日)10時〜18時(予定)作業
4月29日(土•祝)13時〜15時半(予定)納品、修了式(懇親会)
会場 東京・築地 朝日新聞東京本社
受講料 149,800円(税別・15部の印刷製本費と懇親会費用含む)
②【全5日間】セミナーコース(第4回)

「いずれ自分史を書きたいが、まだ原稿がなく、独力で書く自信もない」、「50ページぐらいで構わないので、本を低コストで作成してみたい」、「カルチャー講座に通ったことがあり、セミナー方式でみんなと本づくりがしたい」方を対象にした第4回セミナーコースを開催いたします。

計5回で、朝日新聞社の記者経験者らが文章や構成を少人数制で懇切丁寧に指導します。受講最終日には、納本と修了証の授与式を兼ねた懇親会を行い、あなたの自分史を四六判書籍(上製本・約50ページ)にして10冊贈呈します(非売品)。

定員 限定20人(人数が多い場合は抽選となります)
開催日 3月23日(木)、4月21日(金)、5月19日(金)、
6月13日(火)、7月22日(土) いずれも午後開催
会場 東京・築地 朝日新聞東京本社
受講料 30万円(税別・10部の印刷製本費と懇親会費用含む) 

◇ 希望者は、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスを明記し、電話(03-6869-8007)かメール(lifestory-support@asahi.com)かファクス(03-5540-7942)で 申し込んでください。いずれも応募者多数の場合は抽選になります。お問い合わせは「朝日自分史」(03-6869-8007)。
締め切りは、特別版が3月3日(金)、第4回セミナーコースが3月10日(金)です。

お申し込み

サービスやお申し込みについてのお問い合わせは、こちらの電話番号へ
営業時間:月~金 午前10:00〜午後5:00

東京:03-6869-8007

大阪:06-7878-8500